読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

小保方晴子の手記、「あの日」の感想と内容に少し触れます。

小保方晴子の手記、「あの日」の感想と内容。

 

「あの日」見たSTAP細胞の真実を僕達はまだ知らない。

 

はい。

 

小保方晴子の手記、「あの日」が発売されましたね。

早速読んでみたので感想と内容に少し触れてみようと思います。

完全に興味本位で読みました。

ネットで言われている小保方晴子の擁護やら批判についてはあまりよく知りません。

 

「あの日」は予想されていた通り早速Amazonの「本の売れ筋ランキング」第1位獲得。

読まれている記事

小保方晴子の手記、「あの日」の感想と内容

SPONSORED LINK

 

内容に触れてしまうと思います。ネタバレと感じる方もおられる可能性もあるので感想を読む際は注意ください。基本的には軽く触れる程度に書いておくくらいです。

 

えーっと、とりあえず手記の「あの日」の内容はザーッとしか読んでいません。

感想については箇条書きで並べときます。

感想にもなってないかもしれないけど内容と合わせてバーッと書いときます。

 

反省しているとは記されていたが、ずっとメディアでも話題になっていた実験ノート、画像の切り貼り等についての説明がなく、はっきりとした説明が記されていなかったので少しすっきりしない。

手記より実験ノート出せばいいと思う。

 

思った通りの実験ができなかったという点は真実味があったかな。

ランキングへ

 

STAP細胞あります!」は本来「STAP現象あります!」が正解だったようで、再現実験においてもSTAP現象は確認できたそう。

 

基本的に小保方氏は前半担当で若山教授が後半を担当するスタンスだったので、STAP幹細胞を証明するためのキメラマウスの作成などは、若山教授らが行うものだったため、小保方晴子自身は関与できなかったらしいです。

 

要するに若山教授がいないとできないキメラマウス作成という工程があるのに若山教授は参加しなかったということになるみたい。

 

若山教授の黒幕疑惑について明確に語られているので、ネットやニュースなどでもこの部分については取り上げられそうですね。

再現実験に必要な人物なのに参加しなかったという点はやはり引っかかる部分でしょうし。

 

この手記の内容が事実なら、ねつ造疑惑は若山教授の方に向くことになる。

これについては若山教授の反論もしくは説明が待たれる部分かなと。

 

ん~自分が思うところですが、なにもしらずこの手記の内容読んだら小保方晴子の擁護側になるんだろうなと。

 

小保方晴子をあまり正しい人だとも思っていないので一方的な自己弁護にも見えるけど、語られてた若山教授の黒幕疑惑については本人の意見がききたいですね。

SPONSORED LINK

 

それよりマスコミの動きにはびっくりするね。

いつの間にか掌返しで小保方晴子の擁護側になってるし。

あれだけつるし上げてたのにね。

 

まぁとりあえず手記はAmazonランキング「本」1位ですし、「あの日」の初版発行部数の5万部は越えて増刷にするんじゃないかなと予想されています。

印税のパーセンテージや契約にもよるけど、初版発行部数の5万部が売れれば700万円小保方晴子氏に入るとのことだそうです。

 ランキングへ

筆者

 

 

広告を非表示にする