読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

「チェキ」が前年比80%増とめちゃくちゃ売れているんだとさ!

少し前の話しだけど、「チェキ」前年比80%増とめちゃくちゃ売れているんだとさ!

 

ところで「チェキ」知ってますか?w

昔(1998年)ごろ一世を風靡したカメラ兼即席プリンター?なんですけど。

ちなみに写ルンですブームも再来中です!

salvami69.hatenablog.com

 最近ではチェキなんてめっぽう見なくなったように感じていましたが、再びこの「チェキ」の人気が再加熱しているようなんです。

チェキとは?

チェキを知らない方のためにざっくりチェキについて。

こんな感じのデジカメみたいだけどプリンター機能もついてるカメラ。

これはだいぶ新しいチェキです。

昔はもっとゴツかったはず。

SPONSORED LINK

 

流行ったのは2000年ごろにかけて。

とくに女性の間でヒットした商品でした。

 

撮った写真がすぐプリントされる便利なアイテムで、フィルム代の安さもあり流行しました。

 

けれども割とすぐに飽きられたんですね。

けっこうでかくて重たくてかさばることから持ち出すのも面倒と思う人が多かったことや、デジカメやカメラ付き携帯の普及が要因となったため、あっという間にブームは去ってしまっていました。

 

しかしここ最近、再び「チェキブーム」が起こり始めているんだとか。

なぜまた「チェキ」が流行るのか?

海外でのブームが火種に

韓国や中国で流行ったことがきっかけの一つだそう。

いったん日本でブームが去った後は、中国や韓国で放送されたドラマや、人気アイドルが使っている事などの影響により加熱した模様。

 

その売れ行きは300万台にも上るようで、1998年~2006年までの累計400万台を追い越す勢いを見せてました。

 

日本で再び起きている人気の理由

日本でも再びブームが来ている。

これにも大きな理由があって、日本での人気の沸騰は主に10~20代の女性を中心に起きている様子。

 

どうやらチェキでは「デジカメでは味わえない写真」という魅力があると言われている。

今の10~20代の女性にとって、“フィルム写真”というものが新鮮で驚きを与えているという事実があるんだとか。

 

こういったフィルム写真じゃないと撮れない写真の魅力が、今の10~20代の女性の間で注目されている。

SPONSORED LINK

 

最近新しく発売されている「チェキ」は、軽量化されてコンパクトにもなっており、昔ほど持ち歩くのが面倒にならないということもあるようで、成人式、卒業式まど様々なパーティーなどでもこのチェキが必携アイテムになりつつあるんだとか。

 

これはデジタル化社会により、大きく低迷してしまっていたフィルム業界が、満を持してカメラ市場に再び旋風を巻き起こしているということ。

 

それは実際に数字にも表れており、2014年度のデジカメの販売台数は200万台と、前年と比べると50%以下に下がっていることに対して、チェキは見込み販売台数350万台と、前年と比べると80%増という数字をたたき出しているんですね。

 

2016年は500万台を目指すという計画となっており、デジカメを抜いたチェキは、スマホやデジカメとは違うものとして認識されているようで、カメラ市場だけにとどまらない新ジャンルを確立したと言われています。

 

こちらは現在一番新しいとされている「チェキ」。

お近くの家電量販店などでも置いてあると思われますので最新のものを手に取ってみて観てください。

読まれている記事

ランキングへ

筆者

ランキングへ

よろしければフォロー・読者登録お願い致します。

読者になる

 
 

 

広告を非表示にする