salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

「写ルンです」再ブームはiPhoneなどの今どきとは違った味

写ルンです」再ブームはちょこっと前から言われていたみたいで、「なぜ今更!?」「誰が使ってんだよ!」何て言われているようですが、「写ルンです」の再ブームにもそれなりの理由があるみたいで。。

 

前に紹介したこれと同じ現象から来ているみたい。

写ルンです」再ブームはiPhone等の色合いの違いから

スマホiPhoneのカメラが多用される中、実は未だにこの「写ルンです」は年間3000万本ほどの出荷があるんだとか。

 

ここ最近は「カメラ女子」というものも出てきており、写真というジャンルも過熱しているようです。

 

今回の「写ルンです」の再ブームの要因は、「フィルム感」だそう。

今どきのスマホiPhone等で撮った写真は「きれい」「鮮明」などが売りだが、インスタントカメラなどの独自の色合いや、風味が最近では逆に良いという評価になっているみたい。

 

とくに若い年代の方にこの現象が起きているようで、“フィルム写真になじみがない人”にとって新鮮だという話。

 

ブームは一周して戻ってくるみたいな話がありますが、まさしくそれが起きかけているようです。

SPONSORED LINK

 

写ルンです」の良さって?

手軽さや綺麗さが売りの最新カメラ、スマホなどがある中、なぜ今「写ルンです」なのか。

枚数制限がある

枚数制限があることで、一枚一枚の写真が貴重に感じられるところが良いみたいです。

 

現像時間がある

現像を待つ期間が楽しみで、出来上がったときの喜びが一層大きい。

 

シンプルでいい

おもちゃのように簡単に撮れる。

撮ってもらう時もスマホのように説明いらず。

 

構える時間がなく自然に撮れる

スマホやそのほかのカメラのように。取るまでに時間が掛らないため自然な顔が取れやすい。

 

SPONSORED LINK

 

まさに今だからこそ出てくる良さ。

昔のインスタントカメラを身近に感じてきた人たちにはあまりない考えのように思います。

 

ほんとに世の中分からないなぁと。

新しいものばかりに目がいくこの時代で、こういった昔のものを良いと捉えられる感情はとてもいいことだ!

 

さぁ、「写ルンです」を買いましょう!

ランキングへ

SPONSORED LINK

 

筆者

ランキングへ

よろしければフォロー・読者登録お願い致します。

読者になる

 
 

 

広告を非表示にする