読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

アフィリエイトで失敗する人に当てはまるパターン

ブログ運営

 アフィリエイトで失敗する人に当てはまるパターンをリストアップしてみました。

アフィリエイトで全然稼げない、もうやめようかとお考えの方は当てはまると思っています。

今一度見直して、アフィリエイトは簡単に稼げるものではないことを理解した上で取り組んでみてはどうでしょうか。

独自調べなので参考までに見ていってください。

 

SPONSORED LINK

 

まず、2015年時点のアフィリエイトでの1ヶ月の収入を全体でみると下記のようになっていました。

2015年アフィリエイトプログラムに関する意識調査

f:id:luckyumag:20160125170036p:plain

 

  • 収入なし・・・24.5%
  • 1000円未満・・・19.5%
  • 5000円未満・・・11.5%
  • 5000~1万円未満・・・7.5%
  • 1~3万円未満・・・9%
  • 3~5万円未満・・・4%
  • 5~10万円未満・・・5.5%
  • 10~20万円未満・・・5%
  • 20~50万円未満・・・5.5%
  • 50~100万円未満・・・2.5%
  • 100万円以上・・・5.5%

 

 

5000円未満が約55%と、昔言われた9割・8割稼げないという時期とは変わってきているのかな?

約3000人のアンケートから導き出した数字です。

参考までに⇒市場調査

2005年アフィリエイトプログラムに関する意識調査

 

  • 収入なし・・・26.9%
  • 1000円未満・・・43.4%
  • 5000円未満・・・11.5%
  • 5000~1万円未満・・・4.6%
  • 1~3万円未満・・・4.2%
  • 3万円以上・・・1.7%

 

 

それでも2005年のものと比べると収入なしの割合にほとんど大きな違いわないが、1000円以上の収入がある人が増え、全体的な平均1ヶ月収入金額は上がっていますね。

それでも1万円の壁は大きいのが現状のようです。

前置きはこの辺で。

アフィリエイトで失敗する人に当てはまるパターン

SPONSORED LINK

 

アフィリエイト継続と我慢がけっこう大きいよ。

簡単に稼げるのではなく、稼ぐ方法として簡単なイメージが植えつけられているだけだと思っています。

パターン:①継続力がない人

短期集中で1週間ほどいろいろ広告を貼付けて実践したが、結果が全然でないので心が折れてしまう。

最低でも的を得た方法で3カ月以上継続していく必要はあると思っている。

アフィリエイトは簡単に稼げるおいしい話ではないと理解しなければならない。

 

パターン:②儲かる方法やノウハウを鵜呑みにする人

儲かる方法やノウハウ情報がたくさん目の前にありすぎて、一つの事を続けるということをせず、どんどん新たな方法を取り組んでしまいがち。

 

ノウハウを理解した気になっているだけの人が多い。

 

「この方法でやってみよう!」と取り組む意気込みはあるが、結果がすぐに出ないので成功する前に諦めてしまう。

すぐ結果が欲しい人が陥りやすいですね。

 

その取り組む労力を、一つの得意分野や専門に絞ったサイト・ブログで行うだけで、良質なサイトが作れる上、苦じゃなく続けられやすいはずなのに。

1つの分野に絞ってハマった時の例

salvami69.hatenablog.com

パターン③:根本的に儲からない方法で取り組んでいる人

基本的なアクセスアップ方法、キーワード選定、広告・商材選びやライティング力は必要なので、ある程度の勉強はもちろん必要。

 

これは、儲かるノウハウとは別の話で基本的能力です。

ただ日記のついでにアフィリエイト用リンクを貼り付けているようでは儲からないのは当たり前。

一記事もしくは一サイトでユーザーの欲しいものに対しての答え+付加価値を与えてなんぼじゃないかと。

 

パターン④:独りよがりの押し付け運営になっている

モノを売る相手はお客さんだから、お客さんにとってメリットである物を選んで、それについての信頼性や、商品との比較などで買った方がいいものという気持ちにさせる内容が備わった記事じゃないと売れないのはわかりますよね。

 

「これ売れそう」という商品を記事にして、⇒「これめちゃいい良いよ!」じゃ押し付けだから誰も買わないはず。

自分「俺が紹介して売る」

というのは一般的にたくさん行われているが、今一度考えるべきは

ユーザー「お前誰だよもっといいとこで調べて買うわ」

っていう考えのユーザーがほとんどであるという事。

 

自分のサイトやブログで買うべき理由までつけて運営しろとは言わないが、お客さんのために運営しているんだという意識は商品を紹介するうえでは最低限持たないといけないですね。

アフィリエイトで失敗する人に当てはまるパターンまとめ

もっと言うといっぱいありますよ。

  • ノウハウマニアな人
  • 自分で問題を解決しない人
  • 紹介するべき場所を間違えて紹介している人
  • 求められていないものを紹介している人
  • 時間を投資できない人

などなど。

 

全体的にガーッと書いた感じがしますが、なんか自分にも当てはまることがちらほらあるなと。何なら自分に今一度言い聞かせているような内容になっていしまった。

 

専門でやっているブログなどでは上に書いたような内容のことは気にしていますが、やっぱり改めて考えると「人間味」はもっと大事にしなくてはいかんのじゃないかと。

 

機械的に儲かるノウハウ通り商品や商材を紹介しても、温かみある内容かどうかって意外とユーザーって判断しているんじゃないかと思いました。

 

正直この記事って多分「押しつけ」の部類に入ると思います。

ブログの趣旨もはっきりしていませんし、この記事だってブログ記事としてのストックの一つのつもりで書いていますから、どちらかといえば人の為というより自分為ですもんね。

 

人のためのブログかぁ。

今一度考えなおそう。

 

筆者

ランキングへ

 

広告を非表示にする