salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

元インテリア家具屋の僕が実用性で二段ベッドを選んでみました!

はい、元インテリア家具屋の僕です。

今回は第一弾!僕が選ぶ実用性ある二段ベッド篇となります。

その他商品の紹介もぜひ。

salvami69.hatenablog.com

 

さて、まぁ誰が選ぼうが良いベッドは良いベッドなんですが、インテリア家具屋で働いていてたら、やっぱり人より商品を目にする機会は多かったわけですよ。

 

その中で自分が“これ欲しい!”って思ったやつを紹介していくシリーズでもやっていこうかなと思った次第です。

元インテリア家具屋が選ぶ実用性ある二段ベッド

SPONSORED LINK

 

家具の里 ひのきすのこベッド

詳細を見てもらえばわかりますが、キングサイズベッド、二段ベッド、二つのベッドへと変化できる、子供の成長とともに変化をさせることができるベッドになっています。

二段ベッドも子供向けの高さにこだわっているし、バラバラに分けたときのデザイン性も崩れることなく使用できます。

マットレスが置ける深さがあるのも親切でいい。

大人になっても使えるのでまさに家族とともに成長するベッドです。

北欧風色合いの二段ベッド 

ここで紹介しているのは北欧風カラーですが、色違いの商品もあります。

女の人一人でも組み立てられるという簡単な行程と、将来的には上下のベッドをバラして使用できるのもいい。

枕元にはLEDライト、コンセント差込口も完備されているので便利さもいいですね。

個人的には直立ハシゴが苦手なので、そこが良ければもっと押してお勧めしたい商品です。

 

コンパクトサイズなひのき二段ベッド

これまた家具の里さんの商品になってしまいましたが、他に紹介している二段ベッドに比べると明らかにコンパクトなタイプ。

階段も直立タイプではなく、安全で登りやすいタイプのものが左右どちらでも設置できるのは個人的にポイントが高いです。

下段の高さも調整できるので空間を好みで変えることもできます。

さらにこれも上段と下段を別々で使用できます。

 

以上!

第一弾は“元インテリア家具屋の僕が選ぶ二段ベッド”でした。

もっともっといいものがあるのでここで紹介したいところですが、今回はこの辺にしておきます。

上の商品をチョイスしたのは、先にも書いたように「木」と「実用性」ですね。

ひのきのタイプはとくに進めたいんですが、匂いがほんとに落ち着く。

 

ちなみに番外編も少し紹介しておきます。

【番外編】モダンなロフトタイプの二段ベッド

SPONSORED LINK

 

この二段ベットに関しては販売情報が見られないのが残念なところ。

まぁあったとしてもかなり大掛かりな作業を踏まないと実現できそうにないですよね。

大人なアイデアベッドでベッドの配置とスペースの使い方がいちいちおしゃれ。

一人暮らしでもこういうベッド欲しいなぁと思ってしまいます。

さすがにこれは賃貸では難しそうだけど。

 

次回はおしゃれ感あふれるものを紹介できたらと思います。

 

関連記事

salvami69.hatenablog.com