読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

salvami69

salvami69というブログです。基本的に旬な話題やブログ運営などについて書いていきます。

大学生が就活で使えるキャッチコピーの作り方のコツ

最近では大学生が就活の面接などで、自分にキャッチコピーをあらかじめつけて望むことが一般的になってきているようですね。

 

もちろん大学生だけじゃなく、中学生、高校生、アルバイトなど様々な場面でキャッチコピーは使えるものだと思っています。

 

キャッチコピーが一般的になってきたのも、就活の際に面接官を質問されることがよくあるところからだそう。

 

でもそれ以上に自己PR文の最初の一行でどれだけ引きつけるかというところに注目するべき。面接官ならず人は最初の一行で興味が持てる相手かどうかを判断する傾向があります。

 

今回「大学生が就活で使えるキャッチコピーの作り方のコツ」という記事を書こうかと思ったのは、弟に受験が迫っているというところから。

 

そして、ブログやサイトを運営していく上で魅力的なキャッチコピーの作り方やコツについて少し勉強していたところから今回書いてみることにしました。

 

コツを掴めば簡単にできるとおもいます。自分もキャッチコピーに関しては勉強の身なので調べた内容を共有していく感覚で見てもらえればと思います。

 

SPONSORED LINK

 

大学生が就活で使えるキャッチコピーの作り方のコツ

今回は“大学生”というところに的を絞っていますが対して気にせず見てもOKです。

キャッチコピーとは何なのか

キャッチコピー=“自分を表すタイトル・キャラクター”

と言ったらわかりやすいかな?

 

就活などで自分を宣伝する為に一言で表す方法ですよね。

キャッチコピーの効果は

キャッチコピーを相手に伝えるという効果は、自分の話を進める上でとても効率が良い方法の一つになっている。

 

それも、キャッチコピーひとつで「今から自分がこういう人間だという話をします」ということを一言で伝えられるため、相手に自分をより理解してもらえる効果があるようで心理学的にも有効だと言われています。

 

面接などでキャッチコピーに関して質問がなかった場合でも、自分の紹介をするタイミングではキャッチコピーを伝えた上で話を展開していくを心がけることで伝わりやすくなります。

とはいっても自己PR文で伝えてますよねたぶん。

作り方とコツ

基本的な順番は、内容(自己PR)を考える⇒キャッチコピーを付けるという流れ。

キャッチコピーから作らないようにする。

まず自分がどういう人間か書き出していくことが大事。

下記のようなところからあげていきます。

  • 自分がどのような人間か
  • 自分がどうなっていきたいのか
  • 自分の強み
  • 経験

基本的には長所ですね。

アピールするのにマイナスはいらないでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

どうしても浮かばなければ、身近な人に聞くのもあり。

ある程度浮かべてきたら、まずそこから自己PRをつくる。

面接で使うものから作ればそのまま使えますが、コツをつかむためまずいろいろ考えていきましょう。

 

例えば自分が「困難な状況に陥っても前向きに考えて行動できる人間」としたら、「ポジティブ人間」といったイメージ。

労力をできるだけ使わないような効率化を図れる人間であれば「省エネ人間」といった風に、自分に合うキャッチコピーはきっとあるんじゃないかと思います。

 

いろいろ考えてみましたが、自分につけるんであれば「記事量産型ブロガー」といった感じ?

こういうと内容ペラペラなブログ書いてる人みたいな感じで長所ではないかもしれないですけど、キャッチコピーのつけ方の要領はこんな感じのようです。

やっぱり他人の意見を聞くのが大事ですね。

 

参考になれば幸いです。

筆者

ランキングへ

よろしければフォロー・読者登録お願い致します。

読者になる

 
 

 

広告を非表示にする